リハビリにも活躍する柔道整復師

スポーツなどで、腰や首、肩を痛めた時や、交通事故のリハビリなどで、整骨院を利用する人は少なくありません。
整骨院で施術を行うことができるのは、国家資格を持つ柔道整復師だけです。よく間違われる整体院は、整体師が施術を行っています。
整体師は、国家資格がなくても開業できるため、施術内容はかなり違うのです。
柔道整復師は、捻挫や打ち身、骨折、脱臼などの応急処置を行います。また、手技による整復をはじめ、電気刺激などの物理的な刺激を与えて、体の機能を回復させていきます。
整骨院では、一定の条件はあるものの、健康保険が適用されます。
日本は、高齢化が進んでおり、介護施設やリハビリ施設で働く柔道整復師も増えています。そのため、最近は柔道整復師を目指す学生も多くなっています。
独立して開業することができる開業権も持っているので、国家資格を取得した柔道整復師が、すぐに自分で整骨院を開業するケースも増えています。
ただ、柔道整復師は、経験も必要となる職業なので、整骨院や病院などで経験を積んでから独立する人も多いです。
若い人の中には、スポーツトレーナーとして活躍する人もいます。昔と比べると、柔道整復師の資格を取得した後の進路は、かなり広くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です