柔道整復師の補助をする場合

柔道整復師は、カイロプラクティックなどのマッサージ師とは異なり、正式な国家資格を持っています。カイロプラクティックの先生の中にも資格を持っている人も多いですが、これは民間の資格になるため、柔道整復師とは少し異なります。
柔道整復師になるためには、3年以上勉強し、複数の科目の試験に合格しなければなりません。独立したい人の中には、柔道整復師になるための勉強を熱心に行っている人も多いです。柔道整復師の補助になるためには、特別資格は必要ではありません。もちろん資格を持っている人であれば優遇されるでしょう。ただ基本的には、柔道整復師の資格を持っていれば、その人は独立をしてしまう可能性が高いです。これは具体的なを見るとわかりますが、例えば平成21年度の柔道整復師の人数ですがおよそ5万2千人になります。これに対して、独立開業している人の数はおよそ3万8千人です。独立開業していないその数は1万4千人程度しないため、全体のおよそ3分の1は独立開業しています。このように考えると、資格を取得しているならば独立した方がよいことがわかります。
ただし、独立をするにしても場所を選ばなければなりません。比較的人数の割に整復師の数が少ないのは岩手県や三重県になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です