柔道整復師のやりがいって何?

柔道整復師の資格を持って働く上で一番のやりがいとなることとしては、まず幅広い症状や疾患・年齢の患者さんと触れ合いながら経験を積み重ねていけると言うところにあります。特に年齢に関しては0歳から65歳までと幅広い人が対象となっていますし、その日とその人で異なる症状や経過となっているので1つの施設で仕事をするだけでも多くの事を学ぶ事ができます。
また実際に仕事をする時にはその人の症状の具合などを確認しながら施術を行う必要があるのですが、ただ症状を確認するだけではなく日常生活の様子にも触れながら施術を調整する必要があります。このように患者1人1人の生活に触れながら身近な施術として実践する事ができるというところは、やりがいだけではなくコミュニケーションの楽しさを身につけることが出来る場としても大切にされています。
そして近年高齢社会になっている日本にとって柔道整復師の存在は高齢社会に非常に貢献していると言えますし、スポーツ界の中でもサポートとして大きく貢献している存在です。さらにある程度経験を積んでいけば独立する事ができるというところも、ひとつの目標としてやりがいを持って仕事に臨めるのではないかとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です