柔道整復師が得意とする打撲への対応

深刻な打撲の場合は、とりあえず整形外科に行くわけですが、症状の深刻度を判定してもらえば、それで目的が達成されたようなもの、という面もあります。骨にまで異常があるのかないのか、それはやはりレントゲンなどを通じて整形外科で診断を受けたほうが無難と言えそうです。ただ診断の結果、打撲で済んでいた場合、その後も整形外科に通院して、打撲が劇的に治るということはあまりないように見受けられます。ただ湿布を渡され、痛み止めの内服薬を処方されるだけ
、ということも多いようです。打撲による痛みが長引いている場合、患者が望むのは湿布や飲み薬ではありません。根本治療です。以上を踏まえると、打撲の場合は、柔道整復師を頼るのもひとつの方法と言えそうです。柔道整復師は、高度な医学知識が必要となる国家試験に通った医術者です。そして打撲の患者の場合、整形外科よりも柔道整復師に診てもらったほうが効果が感じられたという例が多いです。打撲に限らず、他の症状でもそうした例はよく聞かれることです。患者としては、治してもらえることが最優先なわけですから、整形外科に通ってもなんの効果もなかった場合は、柔道整復師という選択肢があることに気づき、試してみるのもいいかもしれません。