柔道整復師という職業について

整体師と柔道整復師はよく混同されて認識されがちです。しかし、両者は大きな違いがあり、もしも今後柔道整復師を自分の職業にしたいと考えていらっしゃる方はよく調べておく必要があります。まず、柔道整復師は国家資格を必要とします。国家資格の取得に関しても、専門学校や大学などの教育専門の期間で3年という長い期間に渡って勉強をしなければなりませんので、すぐに取得できる資格ではありません。国家試験をパスする為には、努力も時間も要する職業であるということを認識しておく必要があります。その点、整体師に関しては明確な基準が現在存在していませんので、国家試験も現状課されていません。その為、整体師として治療出来る範囲と柔道整復師として治療出来る範囲が異なってきますので、その点については注意しておくことが必要です。柔道整復師は骨や筋のエキスパートです。深い知識を要求される職業ですので、プロのアスリート選手の専属として仕事をされていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。プロの選手は捻挫や打撲をする機会が多いので、すぐに適切な手当てが出来る柔道整復師の方に側にいてもらうことで、よりプレーに集中できる環境を整えることが出来ます。