柔道整復師の行う運動療法とは?

柔道整復師が行う治療には整復法、固定法、後療法の3つに分けられます。後療法は幹部の回復を早めるために、様々な刺激を与えながら治療する方法です。
後療法には物理療法、運動療法、手技療法の3つに大きく分けられます。運動療法は患者さんの機能回復やリハビリを目的とした治療です。機能訓練指導員として、総合病院や整形外科のリハビリで、運動療法の施術をする柔道整復師もいます。
長期間筋肉を使わないと、筋力が低下したり、関節の可動域が狭くなったりします。
運動療法では手や医療器具を使って筋肉や関節に働きかけて、運動させて、能力を高めていきます。
運動療法では、患部だけでなく、全身体操を応用して全身運動療法を組み合わせながら行います。
患者さんそれぞれに症状に合わせて適切な施術ができるように、幅広い運動療法の知識や技術を身に着けていく必要があります。
柔道整復師は、理学療法士と似たようなところがありますが、理学療法士が医師の指示の元、医学的アプローチからリハビリの施術をするのに対し、柔道整復師は打ち身や捻挫などの応急処置が中心で、責任の伴う施術はできません。なお、理学療法士は独立・開業ができないのに対し、柔道整復師は独立開業して経営者になることができます。